2007年03月30日

キャスト紹介:神 敏将

神敏将神 敏将(じんとしゆき)
劇団民藝
profile

●先日行われた日中合同公演「双城冬季」でのエピソード
(作品概要)
東京と上海における2つの家族の話。
現代の殺伐たる社会の中で、ともすると軽視されがちな人間関係。しかし、困難にぶち当たった時に気付かされるのが家族愛や人間愛。そして家の暖かさ。この物語は2大都市の現状から、国境に関係のない人類のテーマとして、家族とは家とは何かを問い掛ける。
(自分の役柄)
30代半ばで仕事にも家庭にもからまわりな日本のサラリーマン。
(楽屋話)
僕が何とか中国語で会話をしようとし、あちらも日本語を言おうとするのだけれども、最終的には英語が一番通じてしまうこと(笑)。
(失敗談)
ある店に3人で入り、ドリンク以外に何も頼まないのは悪いので、餃子を一皿注文した。すると、一皿は6個入りだと言われ、お腹が一杯だからそれで良いんだと伝えた。はずだったのになぜか6皿分、36個出てきてしまったこと(笑)。
(感想)
初めて海外の演出家から指導を受け、同世代の役者さんとの共同の作品作りは、言葉の面など大変なこともあったが、とても刺激的で有意義なものであった。

●シルフィーへの抱負
日中公演での30代半ばからシルフィーでは10代半ばへと一気に若返らなければならない。
その道のりは思いの外険しいだろうが、周りの若い共演者からパワーを貰いながら初日までには何とか化けて、いやもとい、演じきってみせる!

●ブログを読んでいる方にひと言
どれだけ純真無垢な少年になっているのか、是非とも見届けに来て下さい。


陸奥新報社 東京支社サイトに神敏将さんの記事が掲載されました。
みる・観る・見るコーナーにも公演情報が掲載されました。
posted by sylphy at 21:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャスト(初演)
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/50994477
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック