2007年03月28日

稽古始め

稽古風景
今まで個別に歌や振付けのレッスンはありましたが、全員揃っての稽古は今日から開始です。
上海公演から帰国したばかりの神敏将さん、現在東京公演中の春咲ころんさんも参加して、キャスト・スタッフの自己紹介から始まりました。
みなさんかなり緊張していらっしゃる様子です。

稽古風景続いて演出の荒巻さんによる発声とストレッチ。
体も心もほぐれてきたところで、いきなり歌も入れて全編通しての本読みが行われました。
いっきに通してそれぞれの生の声で聞くと、いやが上にも感動がこみ上げてきます。(さっそくラストシーンで泣きながら歌っていたのは三竹詩乃さん!)


稽古風景休憩をはさんで音楽の山下さんのピアノで歌稽古。
2声、3声とコーラスパートを割りふられて、楽譜にクレシェンドやらアクセントやら書き込んで、もう頭いっぱい状態。


稽古風景それと平行して、衣裳の伊藤さんによる採寸が着々と進んで行きます。
採寸される小原春香さんと、順番を待つ水島詩歩子さん。


稽古風景歌稽古のついた曲を、今度は荒巻さんが振付け。
リフトや立ち回りもあるハードなダンスナンバーに、皆汗ダクです。
(松高タケシさんがモップを持っているのは、汗を拭くためではなくスベリ止め用ですよ)


稽古風景その反対側では山本さんが風の精たちに優雅な振りをつけている、別室では台詞の確認、といった具合にあちこちでいっせいに稽古が行われました。
みんながいかに今日の稽古始めを心待ちにしていたか、わかりますか?
posted by sylphy at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場日記
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/50994475
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック